菊水ロマン館の惣菜コーナーに「このしろ寿司」を出品されている山口さんは、その道50年の大ベテラン。
鮮魚店を営まれています。
「うもなかと食うてもらえん」(美味しくないと食べてもらえない)という言葉に、この道一筋の重みを感じます。
山口さんの「このしろ寿司」は、魚と米と酢のバランスが絶妙です。

konosirosusi2

すっごく美味しいと評判で、ファンも多く、定期的に購入されるお客様がいらっしゃいます。
でも・・・とても残念なことに1日10パックが、魚を厳選して作れる限界だそうです。
お昼前に売切れてしまうことも多々あります。
「このしろ寿司」を偶然みかけて購入できたあなたは、幸運・・・かも。